サポート・ダウンロード > ご購入前のよくあるご質問 KeyringPDF

ご購入前のよくあるご質問

PDFKeyringPDF よくあるご質問

閲覧にはインターネット環境が必要ですか?
はい、必要になります。
少なくても初回閲覧時はライセンスサーバと通信するためです。なお、オフライン閲覧期間を無期限に設定した場合は、2回目以降の閲覧にはインターネット環境は必要ありません。
オフライン環境で閲覧することはできますか?
はい、閲覧できます。
ライセンス発行時にオフライン閲覧期間を設定することで閲覧が可能です。
Mac OSでも動作しますか?
いいえ、KeyringPDFは現在対応しておりません。
正式な動作環境はKeyringPDF for ダウンロード販売 動作環境、またはKeyringPDF for 超流通 動作環境でご確認ください。
KeyringPDFの推奨環境を教えてください。
KeyringPDFは、Adobe Reader が必須ですので、少なくともCPU・メモリ・ディスク容量に関しては、その推奨スペックを満たしている必要があります。
この点を考慮すると以下がKeyringPDFを稼働する上での推奨スペックとなります。
  • 1.3 GHz 以上のプロセッサ
  • MicrosoftR WindowsR XP Home、Professional Service Pack 3(32-bit版)、 Windows VistaR Home Basic、Home Premium、Business、Ultimate Service Pack 1(32-bit 版)および Microsoft Windows7、Microsoft Windows8。
  • 128 MB の RAM がインストールされていること(256 MB を推奨)
  • KeyringPDFのインストールに必要なハードディスク空き容量 10 MB(注意:PDFコンテンツの格納領域も確保する必要があるため、実際はこれ以上のハードディスク空き容量が必要になります。)
  • 800 x 600 以上の画面解像度をサポートするディスプレイ
印刷の可否を設定したり、回数を制限したりすることはできますか?
はい、可能です。
印刷だけでなく、閲覧期間、閲覧回数まできめ細かく設定することが可能です。
印刷については可否だけでなく印刷部数も指定することができます。ライセンス発行毎に条件を変えて制限できます。
テキストのコピーを制限することはできますか?
はい。 テキストコピーの制限は暗号化時に選択することが可能です。
暗号化時の選択になるため、コンテンツ単位での制限となります。
閲覧できるPCを変更できますか?
はい、可能です。
「バックアップ&リストア機能」によりエンドユーザ様にてライセンスを他のPCに移動することができます。PCを買い換えた場合や、万一の故障の場合でも安心です。
配信済みPDFを最新版にアップデートすることはできますか?
はい、可能です。
「ライフサイクルコントロール機能」により、エンドユーザ様が古いPDFを閲覧時に最新版があることを通知し、ダウンロードを促すことができます。カタログなど定期的に更新のあるコンテンツや、改訂版などを配信したい場合に適しています。
なお、オフライン閲覧期間が設定されている場合は通知されません。
配信済みPDFの閲覧を止めることはできますか?
はい、可能です。
ライセンスを削除するAPIをご用意していますので、既に配信したPDFの閲覧を止めることは可能です。
社内文書(PDF)に適用することは可能ですか?
社内文書向け製品として、Keyringドキュメント認証KeyringPDF for 会員サイトがございます。

Keyringドキュメント認証は、ブラウザの管理画面からPDFを暗号化、閲覧期間やPC台数等のライセンスを設定して発行することができます。
Keyringドキュメント認証について詳しくはこちらのページをご覧ください。 3週間の無料試用サービスも行っております。こちらのWebフォームからお申し込みください。

KeyringPDF for 会員サイトは、ログインが必要な会員向けのサイトでPDFの情報漏えいを防止します。会員サイトの認証システムと連携し、会員に限定してPDFを閲覧させることができます。PDFは暗号で保護されていますので、万一流出しても会員でなければ開くことができません。

これらの製品について詳しくは、弊社営業窓口までお問い合わせください。
超流通とは何ですか?
コンテンツを任意の経路(CD-ROM、ダウンロード、放送、友人間のコピーなど)で配布し、エンドユーザが閲覧する際に課金できるコンテンツの流通方式のことです。
店舗を用意しなくても、クチコミやP2Pなどでコンテンツを流通させることができます。 超流通方式の販売方法はKeyirngPDF for 超流通が対応しています。
KeyringPDF for ダウンロード販売とKeyringPDF for 超流通の違いは何ですか?
KeyringPDF for ダウンロード販売はコンテンツをエンドユーザに渡す前に決済を行う前決済型の販売方式に対応した製品です。

KeyringPDF for 超流通はコンテンツを先に流通させて、ユーザの閲覧時に課金ができる後決済型の販売方式に対応した製品です。「超流通」方式による販売に対応していますので、コンテンツを他のパソコンに移動・コピーし、クライアントソフトがインストールしてある状態でコンテンツを開こうとすると決済・認証ページが開くようになっています。
1台のPCを家族などで共用して利用している場合にはどうなりますか?
ライセンスはPC単位で管理されていますので、1台のPCを共有されている場合は、そのPCにログインできる人であればライセンスされたPDFを閲覧できます。
どうやって暗号化をするのですか?
弊社から無償で提供する暗号化ソフト(Keyringプロデューサ)を使って暗号化します。暗号化ソフトはAdobe Acrobatのプラグインとして動作します。

JRE(Java Runtime Environment)上で動作する暗号化ソフトも別途ご提供しています。

Keyringドキュメント認証をご利用の場合は、ブラウザの管理画面からPDFファイルを暗号化します。)
暗号化をサーバ側で行うことは可能ですか?
はい、可能です。
JRE(Java Runtime Environment)上で動作する暗号化ソフトをご提供しています。
暗号化するとファイルの拡張子は変わりますか?
はい、変わります。
拡張子は .pdf から .krmに変わります。
複数のPDFファイルをまとめて暗号化することはできますか?
はい、可能です。
オプションにてご提供しています。これにより、まとめ買いなどへのニーズに対応できます。
データの暗号化方式はなんですか?
PDF暗号化方式標準のRC4(128bit)暗号、またはAES(128bit)暗号となります。
Acrobatプラグイン版のKeyringプロデューサをご利用の場合、acrobatのバージョンが8まではRC4、バージョンが9以上の場合は、AESとなります。
JRE版はRC4です。
暗号化ソフトの動作環境は?
KeyringPDFプロデューサはAdobe Acrobatのプラグインとして動作し、その動作環境は以下の通りです。

OS:Microsoft WindowsXP, WindowsVista , Windows7, Windows8 
Acrobat:Adobe Acrobat 8 以降
KeyringPDFファイル(暗号化されたPDF)の閲覧に必要なクライアントソフトの動作環境を教えてください。
KeyringPDFクライアントはWindowsアプリケーションとして動作し、その動作環境は以下の通りです。

OS: WindowsXP, WindowsVista , Windows7
Reader:Adobe Reader 8 以降またはAdobe Acrobat 8 以降
Adobe Acrobatをインストールしているのですが、Adobe Readerのインストールが必要なのでしょうか?
いいえ、Adobe Acrobatでも閲覧することができます。
プリンタドライバ経由でPDFに出力すると、結果的にPDFをコピーできませんか?
印刷設定が許可されている場合でも、プリンタドライバを使ったPDFへの出力はできないようになっています。
KeyringPDFを導入したい。説明を聞きたい。
弊社営業窓口までご相談下さい。