トピックス > プレスリリース >bookendがマイクロソフトオフィスに対応。

bookendがマイクロソフトオフィスに対応。PDFに加えてWordやExcelのファイルをセキュアに配信可能に

2015年08月05日
アイドック株式会社

DRM(デジタル著作権管理)ソリューション国内最大手のアイドック株式会社(以下「アイドック」、東京都品川区 代表取締役 成井秀樹)は、これまでに200社以上の企業に採用されている電子コンテンツのセキュアな配信ソリューション「bookend(ブックエンド)」の新機能として、Microsoft Office(Word、Excel、PowerPoint)のファイルをセキュアに配信できる機能を開発しました。 これまでサポートしていたPDF、EPUBファイルに加え、Word、Excel、PowerPointといったOfficeファイルをbookendで暗号化し

  • ・ 閲覧期間
  • ・ 閲覧できるメンバー
  • ・ ファイル保存の可否
  • ・ 印刷可否

を厳密に管理したうえで配信することが可能です。 万が一、暗号化したファイルが外部に流出したとしても、設定したメンバー以外は閲覧することができません。また一度配信したファイルの閲覧を中止したり、逆に閲覧できるメンバーを追加したりするようなサービスを構築することも可能です。

excelファイルを暗号化した場合のDRM機能

マイナンバーの情報漏えい対策にも利用可能

bookendで暗号化したOfficeファイルを共有することにより、マイナンバーの情報漏えい対策を万全にすることも可能です。「Excelファイルにパスワードロックをかける」というような従来の方法では、マイナンバーを含むファイルを委託先に渡した段階で、それ以降の管理は不可能になり、閲覧ログを取得することもできません。bookendで暗号化したExcelファイルであれば、閲覧履歴も把握できますし、外部に転送されても閲覧を防止できます。

API連携も可能

これまでのPDFやEPUBファイルと同様、Officeファイルの暗号化や配信の際にも、bookendのAPIを使って他のソリューションと連携することが可能です。ビジネスの場面で必須のWordやExcelファイルを、不正な利用や想定外の配信から守りながら共有するようなセキュアなビジネスソリューションも簡単に構築できます。

Officeファイル対応環境

Windows用 Microsoft Office2010 および 2013

  • ・ Excel
  • ・ Word
  • ・ PowerPoint
  • ※専用アドインのインストールが必要です

料金プラン

従来のbookendサービスのオプションプランとしてご利用いただけます。

暗号化したOfficeファイルの閲覧方法

  • (1) bookendで暗号化したOfficeファイルをOfficeアプリで開く
  • (2) 画面上のメッセージに従い専用のOfficeアドインをインストール
  • (3) 画面上の指示に従ってメールアドレス入力
  • (4) メールアドレス宛てに送られてくるPINコード(数字5桁)を受信
  • (5) 画面にPINコードを入力
  • (6) 印刷、保存等が制限された状態でOfficeアプリで開く

「bookend」の特徴

  • ・マルチフォーマット(PDF、EPUB、Officeファイル)のコンテンツをセキュアに配信可能
  • ・マルチデバイス(Windows、Mac、iOS、Android)に対応
  • ・Web書庫経由でコンテンツの保存とデバイス間の同期が可能
  • ・ダウンロード閲覧、オンライン閲覧、Web書庫直接配信など豊富な閲覧方法
  • ・コピーや再配布の抑止、印刷可否設定、画面キャプチャー防止、閲覧期間および台数制限など豊富なDRM機能を実装


お問い合わせ・その他の資料

  • このプレスリリースについてのお問い合わせはお問い合わせフォームまたはTEL.03-5759-2055まで
    ご連絡ください。
<